中日ドラゴンズ アカデミー賞

中日ドラゴンズ アカデミー賞

中日ドラゴンズを応援しています。主に試合で感じたことをアカデミー賞風に綴っています。

伏線回収

2021/4/22 対横浜DeNAベイスターズ

 

横浜スタジアムでの対ベイスターズ第3戦。

結果は1-0でドラゴンズの勝利。

 

野球は深い。

4回表、荒木1塁コーチに送球が当たり先制点を逃すという“珍”プレーが起こり、つくづく運がないと嘆いたドラゴンズサイドだったが、このプレーを伏線とした予想外の得点劇が最終回に待っていた。

 

 

それでは、本日の中日ドラゴンズアカデミー賞を発表しよう。

 

 

■主演選手賞

 福谷 浩司 投手

 

本人が「リリースポイントが安定しない」と語るように、昨年までの精密なコントロールは今日も見られなかったが、それを補って余りある球威が、自身初勝利をもたらした。

荒れ狂う豪速球がベイスターズ打線を翻弄。8回無失点の力投が伏線回収を呼び込んだ。

 

 

■助演選手賞

 高松 渡 選手

 

9回表、今度は打者走者の木下選手に送球が当たるという伏線回収が発生。ボールが転々とする間に、代走高松選手が激走。最後は本塁へのヘッドスライディングで勝利への得点をもぎ取った。

あわや牽制死から一転ヒーローに。高松選手はもはや1軍で欠かせない戦力となっている。

 

 

さて、ホームで負け越したベイスターズに、ビジターで勝ち越しリベンジ達成。チームとして今シーズン初の連勝は、開幕投手福谷投手に嬉しい白星をつける大きな勝利となった。

 

明日、松葉投手に白星が付けば、沢村賞投手を残して開幕ローテ投手は皆白星ゲットとなる。

そんなポジティブな状況が作れれば、野投は勝手に連勝をし始めるだろう。

 

スタメンは自己申告せよ

2021/4/21 対横浜DeNAベイスターズ

 

横浜スタジアムでの対ベイスターズ第2戦。

結果は7-1でドラゴンズの勝利。

 

序盤から点差をつけての快勝は、今シーズン初ではなかろうか。貧打に苦しむ打線が4回に5点を奪い勝負あり。

相手投手が負けパターンになると、打線も繋がり追加点がとりやすいというもの。打線の調子を上げていく面でも、理想的な展開の勝利となった。

 

 

それでは、本日の中日ドラゴンズアカデミー賞を発表しよう。

 

 

■主演選手賞

 阿部 寿樹 選手

 

先発の野投と迷ったが、よりチームが求めていたのはスリーランホームランであろう。

チームに纏わりつく嫌な空気を一掃する、見事な本塁打をレフトスタンドにかっ飛ばした。

 

 

■助演選手賞

 勝野 昌慶 投手

 

7回途中までノーヒットピッチングで見事今シーズン2勝目を飾る。先週打ち込まれたはしたが、明らかにストレートの威力が上がり復調を感じさせてくれた野投手。それを信じて今週も起用した采配も見事。

今シーズン初スタメンマスクの石橋捕手も、勝野投手を引っ張る素晴らしいリードを披露した。

 

 

■助演選手賞

 大島 洋平 選手

 

2安打4出塁リードオフマンの役割を果たす。4回の5得点も大島選手の安打から始まった。

得点には中々繋がらないが、最近は初回の出塁が続いており、相手投手にとっては厄介極まりないだろう。

 

 

さて、今日一番の収穫は途中出場した平田選手のタイムリーヒットだろう。

初球、ベイスターズエスコバー投手快速球をタイミングばっちりのファール。2球目の外の変化球を見事にライト線へ。

 

ここまで好不調の状態が分かりやすければ、スタメン出場は自己申告してもらいたいくらいだ。

明日、平田選手がスタメンに名を連ねるようであれば、ドラゴンズの快勝が目に浮かぶ。併せて、今日2番の役割を全く果たせなかった京田選手は、三ツ俣選手に代えて良い

 

勝てない火曜日

2021/4/20 対横浜DeNAベイスターズ

 

横浜スタジアムでの対ベイスターズ第1戦。

結果は0-0で引き分け。

 

両チームの先発、野投手と大貫投手の息づまる投手戦は、互いに譲らずスコアレスドロー

ベイスターズは4回裏の一死1・3塁、ドラゴンズは7回表の無死1・3塁という唯一絶好のチャンスを生かせず、好投の先発投手に勝ちをつけることはできなかった。

 

内野ゴロでも得点できる場面でショートライナーを放ってしまった阿部選手。色々な見方があると思うが、筆者としては強い打球を打つというスタンスが悪いとは思わない。飛んだ場所が悪かった。

問題はむしろ木下選手。先週からチャンスでの内野フライは3度目か?自分のバッティングができない場面が続いている。

 

 

それでは、本日の中日ドラゴンズアカデミー賞を発表しよう。

 

 

■主演選手賞

 大野 雄大 投手

 

8回無失点の完璧な投球。勝てなかったのは可哀想だが、逆に負けなかったのは大野投手のおかげである。

 

 

■助演選手賞

 R・マルティネス 投手

 

9回裏に登板し危なげなく試合を締める。福投手がサヨナラ負けを喫したタイガース戦と似た状況(先発が好投した後の同点の9回裏)だっただけに心配したが、力量が違った。

 

 

さて、スタメンから三ツ俣・根尾を外し、阿部・福田を起用した与田監督。2人とも安打を記録したとはいえ、まだまだ低調な打撃が続いている。

新外国人のガーバー選手が合流すれば、1枠は埋まるのかもしれないが、そこまでどうやり繰りしていくのか。

ベンチワークで勝敗が分かれる試合が続いていきそうだ。

 

野投手で今週のスタートダッシュに失敗したドラゴンズ。未だ週頭の火曜日は勝ちなしだ。昇龍の季節はまだ先か。

 

 

1シーズン「こんな週もある」

 

先週のドラゴンズは1勝5敗と大きく負け越した。

 

ジャイアンツ線の貧打爆発から始まり、カープ戦最後は自慢の中継ぎ・祖父江投手が打たれるという悲惨な内容での負け越し。

だが、1シーズン戦う上でどのチームにも1勝5敗の週はあるはずだ。ここは「こんな週もある」と切り換えて前を向いていくしかない。

 

さて、アリエル選手が怪我で登録抹消となり、代わりにビシエド選手が昇格してくるであろう今週。対戦カードは全てビジターベイスターズ・スワローズ戦だ。

 

分かりやすく言えば先々週のリターンマッチ。特にホームで1勝2敗と負け越してしまったベイスターズには、意地でやり返してもらいたい。

 

ポイントは初戦の野投だろう。

チーム状態を上向けるために、まず必要なのは週頭をエースで勝つこと。未だ勝ち星なしのエースは、今シーズン初白星を掴むことができるか。

野投自身も、先々週打ち込まれたベイスターズが相手だけに期するものがあるだろう。力で捻じ伏せる投球を期待したい。

 

その他の先発陣だが、登録抹消がなかっただけに、先週同様の6人が予想される。

とすれば、野投松葉投手はラストチャンスの位置付けとみて良さそうだ。

 

 

野手陣では、2番京田・3番福留・6番三ツ俣が機能し始めているだけに、このスタメンを維持していくのか注目が集まる。

特に福留選手は毎試合スタメンとは考えづらく、外れた際に誰が3番を務めるのかが課題だ。

 

逆に、出場機会の減った平田・阿部・福田の起用法も大切になってくる。特に、阿部選手シーズンに欠かせない戦力であることは間違いない。

どのようにコンディションを上げてくるか興味深い。

 

 

2軍では、金曜日からの3連戦でついに石川昂弥選手が怪我から復帰しそうだ。堂上選手が4番を務めるなどやや火力不足であった打線に、軸となり得る存在が帰ってくる。

同じく離脱中の石垣選手の状態も気になるが、まずは石川選手2年目のスタートに期待したい。

 

 

「こんな日もある」と言える信頼感

2021/4/18 対広島カープ

 

バンテリンドームでの対カープ第3戦。

結果は2-4でドラゴンズの敗戦。

 

カープのミスも絡み、非常に良い流れで逆転をするも、勝ちパターン祖父江投手が8回につかまり、勝ちゲームを落としたドラゴンズ。

この負けは悔しいが、仕方がない。祖父江投手には何試合も救われている。残念なのは、好投の小笠原投手に2勝目が付かなかったところだろう。

 

 

それでは、本日の中日ドラゴンズアカデミー賞を発表しよう。

 

 

■主演選手賞

 該当なし

 

 

■助演選手賞

 三ツ俣 大樹 選手

 

6回に逆転のスクイズを成功。本塁がフォースプレーであるため非常に難易度が高い満塁でのスクイズを、いとも簡単に決めてみせた。

セカンドの守備も安定しており、レギュラーとして申し分ないプレーを続けている。

 

 

■助演選手賞

 小笠原 慎之介 投手

 

7回途中1失点の好投。オープン戦の好投はあったが、やや疑心半疑でシーズンに臨んだ小笠原投手。

しかし、これで4試合連続の好投を披露。偶然ではなく実力が伴った快投と見てよさそうだ。

 

 

ゴールデンラズベリー賞

 祖父江 大輔 投手

 

らしくない2四球で逆転を許す。とはいえ、「そんな日もある」で片付けて良い程、信頼は厚い。

 

 

さて、心配なのは欠場したアリエル選手。昨シーズンから地味に怪我が多い選手だが、この早い段階で離脱となればダメージは計り知れない。

続報を待ちたい。

 

 

安い授業料

2021/4/17 対広島カープ

 

バンテリンドームでの対カープ第2戦。

結果は5-0でドラゴンズの勝利。

 

ついに連敗を4でストップさせたドラゴンズ。ジャイアンツ戦では3試合で計3得点という極度の貧打線に苦しむも、カープ線では2試合で計6得点を記録。

打線のどん底は抜けたのだろう。これからは昇り龍に期待しよう。

 

 

それでは、本日の中日ドラゴンズアカデミー賞を発表しよう。

 

 

■主演選手賞

 柳 裕也 投手

 

8回無失点14奪三振の快投。伝家の宝刀・縦のスライダー(カットボール)を自在に操り、カープ打線を翻弄した。

これで3試合連続のナイスピッチング。頼もしい柳投手が戻ってきている。

 

 

■助演選手賞

 福留 孝介 選手

 

昨日3番に座った福田選手をスタメンから外したのは良い選択であった。抜擢された福留選手4回裏の先制タイムリをはじめ、尽く打球を芯でとらえる素晴らしい内容。

平田・阿部・福田ではなく福留孝介に頼る打線になるとは、ドラゴンズは予想をいつも超えてくる。

 

 

■助演選手賞

 根尾 昂 選手

 

7回裏に試合を決定付ける2点タイムリー。昨日の試合、満塁で2度凡退してしまった授業料は、今日の満塁のチャンスですぐに活かされ、安い授業料となった。

3年前のドラフトから、ドラゴンズファンの期待を一身に背負う若者は、ドラゴンズを勝利に導く選手へと着実な成長を遂げている。

 

 

さて、最終回に登板したR・マルティネス投手が挨拶代わりの暴力的な投球を披露した。140キロ台の変化球を自由に操る今日のピッチングが出来れば、そうそう打たれることはないだろう。

 

これで改めてドラゴンズの勝つスタイルが確認できた。6回終了までリードしていれば、又吉-祖父江-R・マルティネス勝ちパターンで逃げ切れる。

 

早くこの勝ちパターンでの勝利を重ね、相手チームにプレッシャーを与えていきたい。

 

驚愕のトリプルプレー

 

今日は、1軍の試合を9回まで観るよりも、価値のあるワンプレーが2軍戦で生まれた。

 

プロ野球では滅多にお目にかかれないトリプルプレーだ。

 

場面は無死1・2塁、主役はドラゴンズドラフト3位ルーキ・土田龍空遊撃手

 

是非動画での確認をお願いしたいが、内容は以下の通り。

三遊間に上がったハーフライナーを捕球した土田選手、これでワンアウト。

体勢が悪い中、セカンドベースに送球し、セカンドランナー戻れずにツーアウト。

セカンド堂上選手が素早くファーストに送球し、ファーストランナー戻れずにスリーアウトである。

 

 

一連のプレーの中で、土田選手捕球してからの送球技術が素晴らしいのは間違いないのだが、それよりも、捕球した段階でトリプルプレーを想像できる土田選手の野球センスが“驚愕”である。

 

ダブルプレーであればセカンドに急いで送球する必要はなく、体勢を整えてからの送球で十分間に合っていた。セカンドランナーはそれほど大きく飛び出していたのだ。

 

それを敢えて無理な体勢で送球したということは、土田選手は捕球前にトリプルプレーを想像していたということだ。

あの状況でファーストランナーを視界にとらえていたのか?それとも野球人としての経験が生み出したプレーか。

 

一般的に、トリプルプレーが完成するシチュエーションは、無死1・2塁での強いサードゴロである。

筆者のプレーしていた感覚からすると、その他の場面でトリプルプレーを想像してプレーすることはあり得ない。土田選手のあの送球が何故出来たのか理解不能である。

 

恐らく、1軍・2軍どちらのシーズン通しても、これほどまで素晴らしいプレーはお目にかかれないであろう。

高卒1年目・土田龍空、驚愕だ。