中日ドラゴンズ アカデミー賞

中日ドラゴンズ アカデミー賞

中日ドラゴンズを応援しています。主に試合で感じたことをアカデミー賞風に綴っています。

勝野昌慶(期待Ranking 7位)

新たなシーズンの開幕に向けて、中日ドラゴンズ2022年期待Rankingを発表していく企画。

 

これまで発表済のRankingは以下の通りだ。

 

■ 2022年 期待Ranking

10位:三好 大倫 選手

9位:高橋 宏斗 投手

8位:岡林 勇希 選手

7位:

6位:

5位:

4位:

3位:

2位:

1位:

 

今回は「期待Ranking 7位」を発表する。

 

■期待Ranking 7位

  勝野 昌慶 投手

 

昨シーズン17試合の先発を任され、3勝6敗と負けが先行したものの、防御率3.74とまずまずの成績を残した勝野投手。今シーズン飛躍する土台が整っている投手のうちの一人だ。

 

落合英二投手コーチ曰く、先発から中継ぎに1〜2投手配置転換を考えているとのこと。なかでも、ロドリゲス・清水・勝野の3投手は、本人の意向・投球タイプから配置転換の候補として具体的に名前が挙がっている。

 

野投手に関しては、大塚投手コーチに投球スタイルが似ているとのことで、勝野投手が中継ぎに転向する環境は、外堀から埋まってきているとも言える。

 

この3投手の中で、清水投手に関してはやや位置付けが異なるだろう。先発・中継ぎにかかわらず1軍での実績がほぼ無いため、まずは1軍で投げることが最優先だ。

 

一方で、ロドリゲス・勝野の2投手は昨シーズンそれなりの投球を1軍で見せている。この2人を中継ぎで起用できたら、チームとしてそれほど頼もしいことはない。

しかし、そうなると逆に先発投手陣が苦しい。梅津投手や高橋宏斗投手が一人立ちしてくれれば問題ないのだが、そんな楽観的な計算はできないだろう。

 

筆者の個人的な意見でいえば、ロドリゲス・勝野の2投手で、セットアッパーを任せられるほどの球の質を持っているのはロドリゲス投手の方だ。外国人枠の有効活用という点でも、毎試合4人がベンチ入り出来れば(ビシエド・アリエル・Rマルティネス・ロドリゲス)、相手との戦力差を感じないで済む。

 

野投手は、ロドリゲス投手ほどの圧倒的なボールは無いが、黙々と1シーズン先発ローテを守ってくれそうな安心感がある。10勝10敗で規定投球回をクリアするイメージだ。

 

イメージが重なるのは、カープの久里投手。大瀬良・森下投手ほどのエース感はないが、今シーズンも確実に二桁勝利を達成してくるであろう、シーズン全体を通した安定感を持っている。

 

いずれにせよ、同学年・小笠原慎之介と並びドラゴンズ投手陣のこれからを担う勝野投手が、今シーズンさらなる高みへ進む可能性は非常に高いと感じる。

立ち上がりの悪さの克服やバッティング能力なども含め、勝野投手が年々コツコツと成長する姿を、筆者は今シーズンも楽しみに見ていきたいと思う。

 

岡林勇希(期待Ranking 8位)

新たなシーズンの開幕に向けて、中日ドラゴンズ2022年期待Rankingを発表していく企画。

 

これまで発表済のRankingは以下の通りだ。

 

■ 2022年 期待Ranking

10位:三好 大倫 選手

9位:高橋 宏斗 投手

8位:

7位:

6位:

5位:

4位:

3位:

2位:

1位:

 

今回は「期待Ranking 8位」を発表する。

 

■期待Ranking 8位

  岡林 勇希 選手

 

立浪新監督の“秘蔵っ子”となるであろう岡林選手を第8位に選出。立浪監督は期待の若手選手に関し、一定のレベルにあれば我慢して使い続けると発言しており、その筆頭候補である岡林選手の出場機会は確実に増えそうだ。

 

走攻守の特性・ポテンシャルを考えると、なるべくセンターラインで使いたい選手というのは理解できる。センター大島・ショート京田の壁が高い以上、セカンドに挑戦するのは必然か。

 

仮にセカンドに適応できれば、後々はショート挑戦の可能性もゼロではない。次世代のショート候補である土田選手は、肩が弱い為適正はセカンドかもしれない。

ショート岡林・セカンド土田・センター根尾のセンターラインが、5年後のドラゴンズの理想形か。

 

今シーズン、セカンドの最大のライバルは、同期の石川昴弥選手となりそうだ。タイプは全く異なるが「我慢して使い続ける選手」という意味でも二人は重なる。

 

現実的には、2人で1ポジションを守り抜ければ十分だろう。石川選手は過去2年間怪我に苦しんでおり、今シーズン1軍で1年間戦える可能性を信じるのは楽観的すぎる。岡林選手も秋季キャンプで体力の無さを露呈していた。

 

両翼のスタメンにも左右されそうだ。レフトはアリエル選手だとして、ライトが伊藤選手や根尾選手のような巧打タイプであれば、スタメン野手のバランスからみて、セカンドは長打力のある石川選手を起用したい。

 

一方で、ライトをブライト選手や鵜飼選手のようなスラッガータイプが掴むようで有れば、セカンドは巧打タイプの岡林選手でも問題はないだろう。

 

もちろん、岡林選手は外野でもプレーでき、代走要員や守備固めでの起用もできるため、セカンドスタメンでなくとも、出場機会は確保できる。

野手の便利屋として、ガムシャラに1年間グラウンドを暴れ回れば、今シーズンは間違いなく岡林選手の飛躍の年となることだろう。

 

立浪監督の就任により、活躍する舞台は整った。

活かすもころすも、あとは自分の実力次第だろう。

 

高橋宏斗(期待Ranking 9位)

 

新たなシーズンの開幕に向けて、中日ドラゴンズ2022年期待Rankingを発表していく企画。

 

これまで発表済のRankingは以下の通りだ。

 

■ 2022年 期待Ranking

10位:三好 大倫 選手

9位:

8位:

7位:

6位:

5位:

4位:

3位:

2位:

1位:

 

今回は「期待Ranking 9位」を発表する。

 

■期待Ranking 9位

  高橋 宏斗 投手

 

大きな期待を背に、ドラフト1位で入団した高橋投手だが、1年目の昨シーズンはウエスタンリーグでも打ち込まれる試合が多く、1軍デビューを果たすことはできなかった。

 

ところが、シーズン終了後のフェニックスリーグから結果の伴う投球を連続して披露。シーズン中から、150キロをコンスタントに記録する直球や試合を作るには十分なコントロールで、そのポテンシャル自体は発揮していたが、結果が伴わずに苦しんでいた。シーズン終了後にようやく結果が残り始めた。

 

スワローズの奥川投手と比較すると、搭載しているエンジンとストレートの威力だけなら高橋投手のが上であろう。但し、勝てる投手として必要な変化球とコントロールは足下にも及ばない。

この冬を越えて、どこまで成長を見せられるか。

 

来シーズン、理想は開幕からローテを担い、中10日の無理のない登板間隔を継続することだろう。故障の多い梅津投手と共に登板・抹消を繰り返し、2人でローテ1人分を任せてみても面白い。

 

そうでなくても、シーズン後半戦には主戦場を1軍に移したい。最低ノルマは3勝、怪我なく過ごせば達成の可能性は十分にあるだろう。

 

来シーズンに向けてドラゴンズ投手陣の伸びしろが100あるとしたら、高橋投手だけで20を占める。高橋投手の成長次第でドラゴンズの順位は大きく変わる。

期待せずにはいられない大器の若者を、それでも全力で控えめにみて、Ranking9位に選出した。

 

三好大倫(2022年 期待Ranking 10位)

 

新たなシーズンの開幕に向けて、中日ドラゴンズ2022年期待Rankingを発表していく。

ちなみに、昨シーズンのRankingは以下の通り。小笠原投手・又吉投手を的中させることができたが、柳投手を予想できなかったことが悔やまれる。

期待外れの選手も多かったが、そもそも上記3投手以外は皆目立った活躍が出来なかったため、仕方がない。強いて挙げれば高松選手くらいだろうか。

 

■ 2021年 期待Ranking

10位:三ッ間 卓也 投手

9位:石垣 雅海 選手

8位:岡田 俊哉 投手

7位:ビシエド 選手

6位:小笠原 慎之介 投手

5位:又吉 克樹 投手

4位:ジャリエル・ロドリゲス 投手

3位:高橋 周平 選手

2位:渡辺 勝 選手

1位:アリエル・マルティネス 選手

 

 

さて、2022年「期待Ranking 10位」は、2年目を迎える三好大倫選手を予想する。

打力が不安定なため、外野のスタメン奪取とはいかないまでも、高い走力・守備力で試合途中からの出場機会は増えそうだ。

 

立浪新監督も、就任前から三好選手の走力に期待を寄せており、就任後には体力面も高く評価していたる。高松選手と併せて代走の切り札が2枚となれば、終盤相手に与える圧力も増すであろう。

 

ライバルは、特徴の重なる外野手である加藤選手・伊藤選手・岡林選手あたりか。とはいえ、昨年の開幕1軍外野手7名(平田・大島・福留・井領・滝野・武田・岡林)の半分は入れ替わり濃厚であり、チャンスは十分にある。

 

ポイントはメンタル面か。1軍出場経験のない選手だけに、本番で本来の実力を発揮できるかどうかは未知数。野本スカウトが評価した三好選手の「勇気」は果たして本物か。

 

なんとなく、無事之名馬が似合う名選手となりそうな予感が漂う。

 

人的補償はこの選手

 

又吉投手がソフトバンクへFA移籍することが決まった。

今シーズン大車輪の活躍を披露したセットアッパーの移籍。ドラゴンズにとって大ダメージだが、唯一の光は、12球団随一の選手層を誇るソフトバンクからの人的補償だろう。

 

ドラゴンズが2015年にドラフト1位指名した高橋純平投手、サブマリン高橋礼投手、2018年に22本塁打を記録した上林選手‥

 

獲得する選手によっては、ドラゴンズにとって大きな戦力アップにつながるのは間違いない。

 

 

そんな宝の山の中でも、筆者がドラゴンズに獲得してもらいたい選手は決まっている。すぐに名前が浮かんできた。

 

今シーズン、ウエスタンリーグを見る中で、ソフトバンクの中に一際輝く左腕がいたのだ。

 

大関 友久

 

球威・コントロールともに2軍の打者では手も足も出ない。来年25才という年齢を考えたら、そのポテンシャルは計り知れない。

 

28名のプロテクトリストに載るか漏れるかは未だ分からないが、仮に漏れる可能性があるとしたら、迷わず飛び込んでもらいたい。

 

ルーキー・石森投手との中継ぎ左腕コンビ。

来シーズンに向けて、夢はひろがる。

 

立浪新監督によるコンバート

 

秋季キャンプを通して、明るい話題を沢山提供してくれた立浪監督率いる新生ドラゴンズ。

 

その中でも、筆者が最も注目したいのは野手の守備位置コンバート。まだコンバートと呼ぶのは早いかもしれないが、様々な選手が様々な守備位置を練習している。

 

まずは、A・マルティネス選手の外野挑戦。与田前監督が捕手起用にこだわる発言をしたのはほんのつい最近だった気がするが、センスのない判断には早々におさらば。

立浪新監督は就任早々に、外野挑戦という当たり前の判断を行なってくれた。

 

同時に捕手の郡司選手も外野挑戦。こちらも非常に好感が持てる。打力の高さもそうだが、そもそも郡司選手の捕手としての守備能力ではまだまだ1軍では厳しい。来年は捕手と併用するだろうが、再来年には外野1本になっていると予想する。

 

ファンの予想を超えたコンバートだったのが岡林選手だ。荒木コーチのコメントからすると春も内野の練習を続けそうだ。

これも合理的である。長打力のない岡林選手が両翼を務めていても、相手チームからしたら怖くはない。単打ならどうぞ、といったところだ。セカンドを守れるならば、その方がチームのバランスが良くなるのは間違いない。

立浪新監督が若手野手の中で最も期待しているであろう岡林選手であっても、安易に両翼のレギュラーを任せるつもりはなさそうだ。レギュラーをとるにはセカンドを極めろ。岡林選手の内野挑戦は、チームの力を第一に考える立浪新監督の色が強くでている。

 

一方で、外野専念が伝えられたのは根尾選手。岡林選手とは逆に、ポテンシャルとしては両翼を任せられる長打力を持っている、と判断しているのだろうか。

筆者の予想は少し異なる。立浪新監督は、根尾選手が1軍に定着するまでは、もう少し時間がかかると考えていると予想する。つまり、見ているのは3年後の未来。それまでに打撃を磨き、将来的には爆発的な守備範囲を誇るセンターをイメージしている可能性がありそうだ。

 

岡林選手は来年の戦力として内野、根尾選手は将来の戦力として外野。この考え方であるならば、両者のポジションを敢えて反対にした意味は理解がすすむ。

 

さて、コンバートといえば、筆者が秋季キャンプ中に気になった立浪新監督の発言がある。

「バッティングが良い投手といえば、柳・小笠原ですか、あとは育成になってしまうんですけど、石川という投手のバッティングが素晴らしいですよ。」

 

石川翔投手の育成落ちをフライング発表してしまった立浪新監督のコメントであるが、注目ポイントは石川翔投手の打撃能力である。

 

ドラゴンズコーチ陣が揃って絶賛する石川翔投手の投手としてのポテンシャルだが、残念ながら怪我の連続で1軍登板は未だ1試合。怪我がなくなったとしても、課題の制球難の解消は非常に難しいように見える。

 

野手コンバート。

育成契約としてプロ5年目を迎える来シーズン。立浪新監督は、腹を決めて何らかの決断をくだすかもしれない。

 

素晴らしいバッティングとはどの程度なのか。

清水達也投手曰く、練習試合でもほぼ負けなしだった全国制覇の花咲徳栄高校との練習試合で、青藍泰斗高校の石川翔投手は、投げては完封・打っては5打数5安打8打点を記録したという。

並ではないことは確かだ。

 

石川翔投手の将来はどこにあるのか。立浪新監督のコメントから察するに、遅かれ早かれ・・という気がするが、果たして。

 

見え始めた立浪色

 

「理想の監督像はまだイメージ出来ない」とコメントしていた立浪新監督だが、就任直後から(正確には就任前から)独自の色が明確に見えてきている。

 

もっとも分かりやすいのは、各メディアの微妙なラインの質問に対し、情報を包み隠さず回答している点である。

外国人補強に対しては、大塚新投手コーチからの映像を自身で確認している旨を回答。FAには参戦せずに、戦力外もこれ以上ない予定とのこと。スタメン構想や期待する選手なども、質問をはぐらかすことなく素直な回答をしている。

 

良いか悪いかは別として、与田監督は就任時、選手個人名をメディアに話すことを避けていた。公平なスタートをきるという点を重視した判断だろう。

その与田色はシーズンスタート後も変わらず、選手起用は公平で説明のしやすい順番。例えば、1軍昇格即スタメンではなくまずは控えからという、チーム内の秩序を保つ采配に徹している。

 

一方で、立浪新監督は選手の個人名を積極的に口に出すことで、メディアを通じてメッセージを発信している。名前の出た選手は期待を感じているだろうし、名前の出ない選手は危機感を覚えるだろう。

例えば、ライトのスタメン候補として、岡林選手伊藤選手・三好選手の名前を口に出しているが、加藤選手滝野選手の名前は出てこない。

 

「選手に好かれようとは思っていない」

「勝つために妥協はしない」

 

恐らく、立浪新監督の頭に「公平な選手起用」といった考えは微塵もないのだろう。選手それぞれの搭載エンジンを見極め、その大きさによって躊躇なく切り捨て躊躇なく抜擢する。

むしろ、プロの世界で真に「公平な」とはそういう意味であろう。搭載エンジンの見極めこそが監督・コーチの仕事だとも言える。

 

いずれにせよ、我々ファンにとっては立浪新監督の一挙手一投足が面白い。質問に対する回答の1つ1つにワクワクさせられる。

 

さて、そんな立浪新監督のコメントの中から、筆者が気になったコメントを3つ紹介しよう。

 

 

① 正捕手に130試合程度任せたい

今シーズン、どういう訳か木下捕手の出場が123試合にとどまり、スタメン出場数は110試合程度だと思われる。昨シーズンに正捕手争いから抜け出し、今シーズンで確固たる地位を確立すべきところ、筆者から見れば1シーズン無駄にしたように見える。

コメントを聞く限り、立浪新監督も同じ考えだ。来シーズンは、西山新バッテリーコーチと二人三脚で、文字通り扇の要となってもらいたい。

 

 

② 2番打者不在の認識

本塁打が少なく1点のとり方にこだわりを持たなければならないドラゴンズにとって、小技の効く打者の不在は致命的である。「2番打者は小技か強打者か?」という質問に対し、「井端氏のような打者がいれば‥」と回答していたのは本音だろう。

解説者時代には、1番大島・2番京田の打順を推していた立浪新監督だが、ご存知の通り京田選手は小技が下手である(大島選手も下手である)。「1点にこだわる野球」を掲げる立浪新監督に対して、筆者はこのスタメン構想を心配していた。

安心したのは、立浪新監督も小技の効く2番打者が不在であることを認識している点だ。

しかし、だからと言って2番に強打者を置けるほど、チームのクリーンアップは整っていない。来シーズンも2番打者には頭を悩ませられそうだ。

筆者の予想・希望を述べると、ライトスタメンを掴む選手が2番に当てはまること。ブライト選手となれば強打の2番、岡林選手となれば小技の効く2番タイプだ(岡林選手の小技の巧さは不明だが‥)。

ただ、控えには井端氏に近い小技の効くプレイヤーがいる。それは、三ツ俣選手である。守備力・勝負強さも兼ね備えており、立浪新監督の目指す野球に一致しそうな選手だ。その部分を買われ、セカンドまたはショートのレギュラー争いに加わってくる可能性は十分にあり、京田選手も安泰ではないだろう。

 

 

③ 捕手のコンバートがあり得る

解説者時代からアリエル選手の外野起用を提言しており、レフトに招く新外国人選手とは別に、ライトのスタメン候補としてアリエル選手の名前を挙げている。

そもそも、今シーズンは外国人枠の使い方が散々であった。4+1の枠に対し、3(ビシエド・ライマル・アリエル)+1(ロドリゲス)しか使えておらず、アリエル選手についてはベンチスタートがほとんどなので、実質2+1である。

フル活用してるスワローズやタイガースに離されるのは当然と言えば当然である。

育成を除くと、新外国人の補強はレフトのスラッガー1人にとどまりそうな雰囲気のドラゴンズ。4+1をフル活用するためには、アリエル選手の外野起用は必須である。

仮に、打線にビシエド・新外国人・アリエルが並べば、相手への脅威は増すだろう。

逆を言えば、アリエル選手が外野起用できないのであれば、絶対に新外国人はもう1人補強すべきだ(その場合は中継ぎ投手か)。控え捕手となるアリエル選手に外国人枠を使う余裕は、今のドラゴンズに無い。

 

また、郡司選手の外野コンバートも早めの決断を期待している。こちらも外野の一角を担ってもらいたい打力の持ち主である。