中日ドラゴンズ アカデミー賞

中日ドラゴンズ アカデミー賞

中日ドラゴンズを応援しています。主に試合で感じたことをアカデミー賞風に綴っています。

2年連続閉幕1軍へ

2020/9/27 対読売ジャイアンツ

 

東京ドームでの対ジャイアンツ第3戦。

結果は1-5でドラゴンズの敗戦。

 

エース級と言われる投手が登板すれば中々点が取れないのは当たり前だが、今日のジャイアンツ先発戸郷投手は素晴らしいクオリティの投手だ。

 

早々に2点のリードをもらい余裕を持って投球されたら、ドラゴンズ打線では手も足もでない。今日はそんな分かりやすい試合であった。

 

それでは、本日の中日ドラゴンズアカデミー賞を発表しよう。

 

 

■主演選手賞

 該当なし

 

■助演選手賞

 該当なし

 

 

さて、こんな日はウエスタンリーグの若竜たちに目を移そう。今日はタイガース相手に16安打16得点で圧勝。

一番のニュースは、梅津晃大投手が久しぶりに実戦のマウンドに立ったことだ。1イニングのみだったがしっかりとした投球を披露し、1軍復帰に向けた第1歩を踏み出した。順調に行けば1軍での登板は10月中旬か。昨シーズンと同じ閉幕1軍を目標としてもらいたい。

 

打線ではほぼ全員大活躍だったが、ここに来てシーズン序盤は低調だった選手の活躍が目立つ。伊藤選手・滝野選手、そして今日は4安打の高松選手。

ウエスタンリーグ首位打者を快走していた2人、石垣選手と渡辺選手が抜けているにも関わらず、それを感じさせない他選手の活躍は心強い限り。

4番の石川昂弥選手にいたっては、ツーランホームランを放った上で3四球を選ぶという大人のスタイル。

 

来週は再び首位ソフトバンク戦が控えるが、ここで差を詰めることができるか。ウエスタンリーグの若竜たちから、目が離せない。

 

 

最終兵器増田大輝封殺

2020/9/26 対読売ジャイアンツ

 

東京ドームでの対ジャイアンツ第2戦。

結果は3-2でドラゴンズの勝利。

 

平田選手が登録抹消され、柳投手がベンチ入りするという、今後の動向が気になる試合前の状況ではあったが、5連勝の後に連敗をしなかった今日の勝利は非常に大きい。

 

早速、今日の中日ドラゴンズアカデミー賞を発表しよう。

 

 

■主演選手賞

 木下 拓哉 選手

 

8回表に値千金の勝ち越しホームラン。

大竹投手得意のシュートに山を張り、ステップを開き気味インコースをジャストミート。

 

『打撃は2対1の勝負』というのは野村克也氏の言葉であるが、配球を考えているのは投手ではなく捕手である。捕手のリードを読み切った打撃は、さすが捕手としか言いようがない。そして、その読み切ったシュートを一発で仕留めたスイングも素晴らしかった。

 

さらに、9回には肩で魅せる。

ジャイアンツ代走の切札・増田大輝選手の2盗を完璧な送球で阻止。ジャイアンツの最終兵器を封殺した大ファインプレーにより、ドラゴンズの勝利は確実なものとなった。

これで明日も走りづらいだろう。

 

 

■助演選手賞

 福谷 浩司 投手

 

7回途中2失点の好投。

ギアを下げることに味をしめたか、今日も球速は抑え目であったが、それでもジャイアンツ打線にほぼ何もさせず。

昨日と今日の違いは、柳投手が投げるか福谷投手が投げるか、ただそれだけである。

 

 

■助演選手賞

 祖父江 大輔 投手

 

7回途中から2番手で登板。

同点に追い付き勢いに乗るジャイアン打線を、あっという間にお片付け。

嬉しい今シーズン初勝利が転がり込んだ。

 

 

さて、昨日ホームランを放った石垣選手がスタメンに抜擢され、見事安打を放つ活躍。明日もプレーを見てみたいが果たしてどうなるか。

 

誰が出ても大して変わらないのだから、若手を見たいと思うのがファンの本音である。

 

 

石垣活躍、い〜刺激。

2020/9/25 対読売ジャイアンツ

 

東京ドームでの対ジャイアンツ第1戦。

結果は4-8でドラゴンズの敗戦。

 

ついに、ついに、ドラゴンズ新世代の若竜たちが1軍の舞台で輝きを放った。

高卒4年目の石垣選手が念願のプロ初本塁打、高卒3年目の清水投手が4回1失点の好投。

 

連勝は5でストップしたが、2軍で活躍していた選手が1軍で活躍することは、勝敗度外視に本当に嬉しい。

 

それでは、本日の中日ドラゴンズアカデミー賞を発表しよう。

 

 

■主演選手賞

 該当なし

 

■助演選手賞

 石垣 雅海 選手

 

山形県酒田南高校から2016年ドラフト3位で入団。高い身体能力を持ちスワローズ山田選手のようなパワーとスピードを兼ね備えた大器の内野手として期待され、かつ、ドラゴンズ4年ぶりの新人高卒野手となれば周囲の期待も高まるばかりだ。

 

ところが、昨年までの3年間で頭部への死球を5回受けるという思わぬアクシデントに見舞われたことで、打撃フォームが大きく崩され、2年目には2軍で打率1割台とお世辞にも期待に応える成長を見せたとは言い難かった。

 

それでも、2年目のフレッシュオールスターでMVPを獲得し才能の片鱗を見せると、3年目にはようやく1軍で初ヒット。

加えて、いつの間にか守備力が格段に向上し、野性味溢れる魅力的なサード守備に加え、内外野を守れるユーティリティプレイヤーとして頭角を現し始める。

 

そして迎えた4年目の今年。2軍で打率.368という圧倒的な成績を残し1軍に昇格。出番が無くベンチを温める日々が続くも、ついにこの日がやってきた。

 

偶然にも、同じ2016年のドラフト1位・柳投手の代打として登場した3回表。ジャイアン先発サンチェス投手の高めのカットボールを強振。

ボールはライナーであっという間にレフトスタンドへ。嬉しい嬉しいプロ初本塁打だ。

 

石垣選手といえば、入団時から度々披露しているのが得意のダジャレ。お立ち台でのダジャレ披露を4年間楽しみにしているドラゴンズファンも多いだろう。

次は是非、ドラゴンズを勝利に導く本塁打を放ち、ヒーローインタビューに上がる姿を見せてもらいたい。

 

 

■助演選手賞

 清水 達也 投手

 

来週の先発の予行練習か。3回から4イニングのロングリリーフで好投。本人にとっては来週いきなり先発登板するよりも、こちらの方が入りやすいかもしれない。

逆に2回6失点の柳投手は、来シーズンに向けて復調のきっかけを掴むことを目標にシーズンを過ごしてほしい。優勝するには間違いなく必要な投手だ。

 

 

 

さて、喜んでばかりもいられないのが平田選手の離脱だ。何故ここで?としか言えないタイミングでのアクシデント。

 

アルモンテ選手の欠場も重なり、明日からまた貧打に拍車がかかると思うと、選手層の薄さが致命的に憎い。

 

期待したくなるのは、やはり石垣選手

ジャイアンツ坂本選手・スワローズ山田選手のように、インコースにヒットのツボを持っている石垣選手。

アウトコースには苦戦しそうだが、それは誰もが通ってきた道。真ん中から内よりを逃さず捉えることができれば、結果は自然とついてくるはずだ。

 

 

ドラフト会議考察(1位指名編)

 

今回は、『ドラフト会議考察(全体ターゲット編)』で検討した結果をもとに、ドラゴンズのドラフト1位指名に適した選手を探していこうと思う。

 

『ドラフト会議考察(全体ターゲット編)』の記事はこちら↓↓

 

振り返りとなるが、今年のドラフト会議では、以下のような「タイプ」を持つ選手の指名を行いたい。

 

ドラフト1位:即戦力投手(大学・社会人卒)・先発型

ドラフト2位:即戦力外野手(大学・社会人卒)・総合型

ドラフト3位:即戦力投手(大学・社会人卒)・中継ぎ型

ドラフト4位:将来性内野手(高校卒)・遊撃手の身体能力型

ドラフト5位:将来性投手(高校卒)・のびしろ型

  

では早速、ドラフト1位の候補選手を探っていく。

まず、候補となる今年の「即戦力投手(大学・社会人卒)」を、筆者が評価する順に並べてみる。ドラフト1位指名されそうな投手は5名だとみている。

 

・伊藤投手(苫小牧駒沢大学・右投)

・早川投手(早稲田大学・左投)

・栗林投手(トヨタ自動車・右投)

・山野投手(東北福祉大学・左投)

・木澤投手(慶應大学・右投) ※中継ぎ型

 

 

中でも、上位3名の実力が抜けていると感じる。

伊藤投手は先発も中継ぎも対応できそうな投手で、150キロを超える強い直球と鋭い変化球を持っている。コントロールも安定しており、ベイスターズ山崎康晃投手のような活躍を見せても不思議ではない。なお、年齢は通常の大学卒より1つ上である。

 

早川投手は左腕から150キロを超える直球をコントロール良く投げられる。それだけでも十分プロで通用する可能性は高く、左腕としてはNo.1の評価である。

 

栗林投手は大学経由社会人卒のため、上記の2名よりも年齢という面では評価が劣るが、150キロを超える強い直球と得意のカーブで安定した成績が期待できそうだ。

ドラゴンズは2年前の大学卒業時にも獲得を検討しており、その際は本人のドラフト2位縛り(ドラフト2位以上で指名されなければプロ入りせず社会人へ進む)の意向があったため獲得は出来なかったが、当時も梅津投手が2位まで残っていなければ、栗林投手を2位指名していた可能性があるため、球団の評価は高そうだ。

 

 

さて、ドラゴンズの1位指名はこの選手たちの中(特に上位3名)から行われると予想をするが、果たしてどの選手を選択するのだろうか。

 

ここで、確認したいのがドラゴンズとの『縁や所縁』だ。

ドラゴンズはご存じの通り「地元重視」のドラフト戦略を掲げており、同程度の実力であれば東海地区の選手を積極的に獲得している。

 

その点、栗林投手は愛知県出身で愛知黎明高校・名城大学を経てトヨタ自動車と、ずっと地元名古屋でプレーをしている。まさに「地元重視」に合致する選手だ。(ちなみに、本人はドラゴンズファンである。)

 

一方、早川投手には別の『縁』がある。早川投手は与田監督と同じ千葉県の木更津総合高校(旧・木更津中央高校)の出身プロ野球に入団すれば、同校出身のプロ野球選手としては、与田監督以降3人目となる(1人目:ベイスターズ井納投手、2人目:ファイターズ鈴木投手)。監督の直の後輩となると、『縁』の大きさも相当なものだ。

 

 

それを踏まえ、筆者はドラフト1位指名を栗林投手と予想する。

個人的には、野投手がFA移籍をする可能性があるため、左腕の早川投手を指名したい。しかし、球団としては「地元」の路線をより重視すると推測する。

加えて、栗林投手指名のメリットとしては、他球団と競合入札になる可能性が早川投手よりも低いということもある。

 

いずれにせよ苦渋の決断だと思う。それがドラフト1位というものか。

 

■ドラフト1位予想

 栗林 良̪吏 投手(トヨタ自動車・右投右打)

 

 

 

ちなみに、本予想はドラフト会議直前に全体的に修正するつもりだ。

2年連続でドラフト1位指名の選手を事前公表しているドラゴンズだけに、今年もその可能性が高い。

 

次回は、2位指名編として、即戦力外野手(大学・社会人卒)を探していきたい。

今回名前があがった選手は、 是非動画などでプレーを確認してみてもらいたい。

 

 

勝負に徹する時

2020/9/23 対東京ヤクルトスワローズ

 

ナゴヤドームでの対スワローズ第3戦。

結果は11-5でドラゴンズの勝利。

 

今シーズンも残り1/3となったところで、与田監督が勝負に徹する采配を見せ始めた。

今日の試合、先発岡野投手を2回2失点で早々にマウンドから降ろす、見方によっては“非情”な采配を振るった。

 

シーズン中盤までは、先発(特に山本投手や岡野投手・勝野投手のような若手)が不甲斐ない投球を見せても、比較的長く試合を任せていた。これは、シーズン中の成長を期待しての采配に他ならない。

 

昨年5位のドラゴンズが上位に進出するためには、既存戦力の底上げが不可欠であり、王者ジャイアンツのようにシーズン序盤から勝負に徹する運用は難しい。

 

しかし、シーズンも終盤に差し掛かり、短期的な育成はもういらない。これからは、勝負に徹して良い時期だ。

これまで我慢してきたことで戦力がどの程度底上げされたか、今後の結果が証明してくれるはずだ。

 

それでは、本日の中日ドラゴンズアカデミー賞を発表しよう。

 

 

■主演選手賞

 高橋 周平 選手

 

3回の同点タイムリーを含む3安打3打点の活躍。守備でも5回にスーパープレー。

 

今シーズン安定した活躍を披露している高橋選手だが、昨シーズン5月のような爆発的な活躍はまだしていない。そろそろ爆発しても良い頃だ。

 

 

■助演選手賞

 藤嶋 健人 投手

 

荒れた打撃戦を鎮静化する2イニング無失点。

まだコントロールはイマイチだが、ベンチにいるといないとでは大きく違う投手だ。

 

 

■助演選手賞

 木下 拓哉 選手

 

2安打2打点と打撃が好調で、打率もついに.270を突破。昨日に続きツキもあり、3回にはボテボテの内野ゴロで逆転の5得点目をもたらす。

 

 

 

さて、5連勝で借金2つとなったところで、今シーズン最大の“死のロードが幕を上げる。

首位ジャイアンから今シーズン未勝利の甲子園、そして鬼門の浜スタである。

 

ポイントは先発投手陣、特に2度登板するであろう柳投手だ。今シーズンのイマイチな調子が変わらないのであれば、5回で交代する“非情”な采配を振るうべきであろう。

 

 

大野雄大、新境地へ

2020/9/22 対東京ヤクルトスワローズ

 

ナゴヤドームでの対スワローズ第2戦。

結果は3-0でドラゴンズの勝利。

 

昼間、ウエスタンリーグ首位攻防・ソフトバンク戦の初戦を1-2で惜しくも落とした若竜たち。

岡田投手がストライクを投げられなくなるという、1軍の試合で繰り返された光景を、まさかこの大事な局面の2軍で見ることになろうとは。

 

降格したとは言え、今シーズン1軍でクローザーを務めていた男が2軍の足を引っ張る姿に、なんとも言えない哀しみを感じてしまった。

 

それでは、本日の中日ドラゴンズアカデミー賞を発表しよう。

 

 

■主演選手賞

 大野 雄大 投手

 

被安打2、11奪三振、完封。

もはや今シーズン見慣れた光景になりつつある大野投手の完投勝利。大野投手が新境地へ進んでいる感覚を覚えるので、二点その理由を書いておく。

 

一点目は、右の強打者に対するインコースのスライダーを封印していること。

昨シーズンも今シーズン序盤も、坂本選手・岡本選手・山田選手・鈴木誠也選手に代表される右の強打者に、インコースのスライダーをホームランされるケースがあった。ストレートタイミングでのスイングで拾われてしまうようなホームランだ。

その球を最近は全く投げない。スライダーを投げる場合は右打者のアウトコースに投げており、今日は山田選手にヒットは打たれていたものの、長打にはなりにくいボールだ。

従って、右の強打者に対してはストレートとツーシームの2球種で勝負しているのだが、それでも充分に戦えている。被ホームランが減った要因と考えられる。

 

二点目は、特に今日の試合で多投していたが、左打者にフォーク(ツーシーム)を投げ出した

この球はほとんど右打者にしか投じていなかったが、今日は村上選手を落ちる球で翻弄していた。

どちらかと言うと左打者に対して苦戦していた大野投手だけに、投球の幅が広がるボールを身につけつつあるのかもしれない。

 

 

■助演選手賞

 アルモンテ 選手

 

昨日に続き試合を動かすホームラン

3回まで完璧に抑えられていた石川投手に対し、理想的な形で先制点をもたらす豪快な一撃。

今日の大野投手の投球内容を考えると、この先制点でスワローズは敗戦を覚悟しただろう。

 

 

■助演選手賞

 平田 良介 選手

 

平田選手が打つことで、高橋選手の出塁と阿部選手の意外に巧いバントが活きてきた。ついでに阿部選手の併殺がなくなる特典付き。

 

今日は5回にそのパターンを作り、平田選手の見事なセンター前タイムリーで貴重な追加点を奪取。

 

7回にも3点目につながるチームバッティングを披露し、“らしさ”が全開になってきた。

 

 

 

さて、今シーズンはホームで3タテのチャンスを何度か逃してきた。実力も流れも、明日は勝って3タテを決めなければいけない試合である。

 

先発はドラゴンズ岡野投手・スワローズ歳内投手と、少し展開が予想しづらいが、野投手の立場は崖っぷちであろう。

 

周りを見渡せば、今年期待されたルーキー達も、各球団1軍で活躍している選手は少ない。

その中でも、岡野投手は最年長の即戦力ルーキーとして入団してきている。

その他大勢に紛れている余裕はないはずだ。

 

 

“ダサい”エラーを救った勝野

2020/9/21 対東京ヤクルトスワローズ

 

ナゴヤドームでの対スワローズ第1戦。

結果は9-3でドラゴンズの勝利。

 

早速、本日の中日ドラゴンズアカデミー賞を発表しよう。

 

■主演選手賞

 アルモンテ 選手

 

前回抑えられているスワローズ山中投手相手に、初回・2回と無得点に終わり苦戦ムードが漂い始める中、3回裏に飛び出した逆転ツーラン。

 

ホームランを打つ“ツボ”が変態的な場所にある掴みづらい打者だが、どちらかと言うと左打ちは普通、右打ちのが変態だと感じていた。

 

ところが、アンダーハンドの山中投手が投じたインコースを、凄まじい高さの弾道でスタンドに放り込むのだから、恐れ入った。

結論は、左打ちも変態である。

 

 

■助演選手賞

 勝野 昌慶 投手

 

今日の試合のポイントは4回表、ドラゴンズが逆転した直後のスワローズの攻撃。

絶対に失点してはいけない回なのだが、京田選手の“ダサい”エラーで無死2・3塁の大ピンチ。同点どころか逆転も覚悟した絶体絶命のピンチで、先発の勝野投手が男気を見せる。

 

西浦選手のバットをへし折ると、いやらしい坂口選手は歩かせ、中山選手を注文通りの4-6-3ダブルプレー

このピンチを無失点で切り抜け、試合を完全にドラゴンズペースに持ってきた。

 

今日は課題の立ち上がりも、無失点で凌いだ勝野投手。今まで好投を続けながらもローテーションから外れていたが、ここからは軸となって先発陣を支えていってもらいたい。

取り敢えずは明日、登録抹消されませんように

 

 

■助演選手賞

 平田 良介 選手

 

ついに平田良介復活か⁈

4打数4安打で、誰が見てもヒットを打つ雰囲気を纏いだした。

 

動かしたくなる打順、どうするか。動かすと調子が狂う可能性もある。

筆者であれば、明日3番に配置する(アルモンテ選手は2番)。

 

 

 

さて、京田選手のエラーのどこが“ダサい”のか、試合を見ていたファンはお気付きであろう。

 

その前のプレーで山田選手の三遊間の当たりに対し、ダイビングで好捕する素晴らしいプレーを披露している。結果は惜しくもセーフであったが、これぞ京田というプレーだ。

 

その後にやらかした、イージーな送球ミス。

 

野投手が抑えなければ致命的なエラーとなっていた。

とは言え、京田選手には助けられている試合も多い。

とは言え、カッコ付けた直後に転ぶようなエラーは“ダサい”。