中日ドラゴンズ アカデミー賞

中日ドラゴンズを応援しています。主に試合で感じたことをアカデミー賞風に綴っています。

生粋の捕手

プロ野球が開幕する気配がしないので、引き続き、キャンプから現在までの中日ドラゴンズアカデミー賞を発表します。

これまで発表済みの各賞受賞選手は以下の通りです。

 

■新人賞:岡野 祐一郎 投手

 ■ベテラン・中堅選手賞石川 駿 選手

 

 

 

本日は、若手選手賞を発表します。

 

■若手選手賞

 石橋 康太 選手

 

新人選手以外の若手選手を対象として選出しました。

怪我の影響で2軍スタートとなった2年目の石橋捕手ですが、キャンプ中のアピールに成功し、終盤は1軍の試合でもスタメン出場するほどの高評価を掴み取りました。

 

伊藤選手や根尾選手など、1軍スタートとなった同世代野手がアピール不足で終盤2軍に落とされる中、石橋捕手は逆に2軍から昇格し、自らの存在をアピールしました。

 

そもそも与田監督は、キャンプ・オープン戦中にあまり1・2軍の入替を行わないタイプの監督であり、若手選手や育成選手のサプライズ1軍昇格は無いに等しいです(新人選手のお試し昇格はありますが)。

逆に言えば、しっかりとした実力がなければ1軍に昇格はできません。

 

そんな中、大野捕手のインフルエンザというアクシデントもあり、キャンプ当初は唯一の2軍捕手としてみっちりトレーニングを行った様子の石橋捕手。

今回の昇格は実力で掴み取ったものでしょう。

 

元来、明るく元気な性格。

1軍に昇格してきてからの練習シーン、同組でノックを受けていた高橋周平選手とお互いに声でイジり合っていたシーンが印象的です。

 

昨年は高卒の新人選手だったので、キャンプから先輩をイジることなど、普通はできません。

2年目になって本来の姿が出せている、と中村コーチか伊藤ヘッドがコメントしていましたが、良い意味でプロに慣れてきたのかもしれません。

 

肝心の実力については、他の捕手陣の評価と合わせて次回、『石橋康太の現在地』で詳しく書こうと思います。

 

一つだけ、私が石橋捕手を見ていて最も印象的な点。それは、捕手としての一連の動作、つまり「投手にサインを出し、ミットを構え、捕球をして投手に返す」、この動作・所作がドラゴンズの中で一番美しい、ということです。

恐らく石橋康太は生粋の捕手なのでしょう。

 

数字で表せないので客観的な評価はできませんが、中村コーチ・伊藤ヘッドが評価し、谷繁元監督が正捕手として推薦しているのも、この部分が大きいのかなと感じています。

 

現在ドラゴンズは正捕手がいません。

石橋捕手にとっては非常にチャンスのある状況です。

年齢など関係ない、正捕手の座を実力で奪う活躍を期待しています。

 

伊藤康祐と波留敏夫

阪神タイガース伊藤隼太選手と接触したとして、ドラゴンズの2選手が自宅待機となった。

せっかくキャンプで作り上げてきた身体がリセットされてしまいそうで、残念で仕方がない。

 

しかしこんなご時世である。症状がなければ自宅待機の約1週間、この暇な時間を、有意義に活用してもらいたい。

 

球団としては、対戦相手のデータや動画、自己分析できる情報、若しくは有意義な書籍など、選手が少しでもポジティブな時間を過ごせるよう工夫をしてもらいたい。

 

ファンとしても選手名が分かれば、勝手に動画を編集し、勝手に分析し、勝手にアドバイスを送りたい。何より活躍を心待ちにしていることを、伝えたい。

 

 

2名の選手だが、今のところ名前は公表されていない。

しかし相手が阪神伊藤隼太選手だということで、ファンの間でも同じ中京大中京高校出身の選手の名前が頭に浮かんだであろう。

 

伊藤康祐

 

少なくとも後輩として挨拶はしていたに違いない。2名に含まれていなくても、体調が心配である。

 

さて、今回はそんな心配な気持ちを明るい期待にかえるため、伊藤康祐外野手(20)について書きたいと思う。アカデミー賞の発表はお休み。

 

 

伊藤康祐選手は、地元愛知の中京大中京高校出身の2017年ドラフト5位、今年で3年目を迎える外野手である。

昨年1軍で初めてプレーし、計18試合に出場。東京ドームでのファイト溢れる守備はファンの心に強烈な印象を残した。

 

そんな伊藤選手、今年も2軍でのプレーが中心になると思われるが、偶然の出会いが彼を開花させるかもしれないと、密かに期待をしている。

 

その偶然の相手は、今年1軍から2軍打撃コーチに就任した波留敏夫である。

この2人、当然本人達も気付いていると思うが、ポジション・利き腕・プレースタイル・体型、ほぼ一緒である(Wikipediaの身長体重同じ!)。

 

波留コーチの手腕については、正直よくわからないが、伊藤選手の将来目指すべき選手像は、まさに現役時代の波留コーチであるように思う。

 

 

1998年、マシンガン打線で日本一に輝いた横浜ベイスターズ

1番石井琢朗・2番波留・3番鈴木尚典・4番ローズ・5番駒田の打順を覚えている方は多いだろう。

 

この年、盗塁王最多安打ベストナインゴールデングラブを受賞した石井琢朗首位打者ベストナインを受賞した鈴木尚典の活躍は実に華々しかった。

 

だが、その2人の間で走攻守ともに相手にとって嫌らしい働きをした波留もまたチームには不可欠な選手だった。

 

波留の成績を確認すると、24歳のシーズンに54試合に出場し、レギュラーへの足場を築き、25歳で初の規定打席到達、同時に打率3割を記録している。

 

以降レギュラーとして3割弱の打率を残し続け、キャリアハイは29歳の年、打率.298・ホームラン15本・打点70・盗塁21を記録している。

 

 

一方、波留と同じく俊足巧打タイプの伊藤だが、打撃の特徴はセンター方向への素直なバッティングであり、小力があるためセンターオーバーの長打も放つ。

 

守備はまだ安定感に欠けるが、一番の長所は走力にあり、盗塁数も増やしていける脚力がある。

 

本人は、今年の目標として二塁打の量産を掲げているが、自分の目指す姿を認識しているとても好感の持てる目標設定だと感じた。

 

今回は関係ないが、同じく成長が期待される石垣選手は、今年の目標として逆方向への強い打球をあげていた。

個人的に全く理解できないと思っていたところ、キャンプでの結果もついてこなかった。

彼は昨年掴みかけたプルヒッティングを、まずは突き詰めるべきである。

 

話を波留コーチに戻すが、与田監督就任後、コーチ陣も入替が進んでおり、マシンガン打線の一員であった谷繁元監督との繋がりでコーチに就任した波留コーチも、もしかしたら今年が最後の年かもしれない。

 

逆に言うと、今年もコーチに残留したことは伊藤にとっては偶然の賜物であり、波留にとって伊藤は最後の教え子ともなりかねない。

 

 

ちなみに、マシンガン打線の主軸を担った石井琢朗は、波留と同世代である。

また、同じく鈴木尚典は波留の2つ年下であった。

 

期せずして、今のドラゴンズには伊藤の1つ年下に根尾昂。2つ年下に石川昂弥がいる。

将来の打線の主役は揃いつつある。

 

しかし、打線は主役だけでは威力を発揮しない。

リーグ優勝はそんなに甘くないと、これまた期せずして今のDeNA打線が証明してくれている。

 

伊藤選手には、将来ドラゴンズを優勝に導く重要な選手になるために、今年、波留の全てを吸収し成長してもらいたい。

ヒットに美しさは必要か

ペナントレース開始が延期され、2軍戦も中止が相次いでいます。予定通りに開幕していたら既に7試合が消化され、残りはシーズン136試合。まだ143試合も残っているとポジティブに考えることにする。

MAZDAスタジアムで1勝でもできてたかな?

巨人相手に新人岡野のピッチングはどうだったか?

誰が打率5割で、誰がまだノーヒット?

コロナウイルスがなかった未来も見てみたかったですね。

時間もあるので、キャンプから現在までの中日ドラゴンズアカデミー賞を何回かに分けて発表します。

 

■新人賞

 岡野 祐一郎 投手

本家アカデミー賞には無い賞ですが、今年の新人選手の中から岡野投手を選出します。

橋本投手・郡司選手も含め今年キャンプ1軍スタートメンバーの新人3選手は、オープン戦でも印象的なアピールを続け、皆最後まで1軍に居続けました。予定通りの開幕であれば3選手共に開幕1軍という素晴らしいスタートをきれていたでしょう。

甲乙付け難い3選手の中で岡野投手を選出した理由は、最も周りからのプレッシャーがあったであろう選手だからです。社会人3年目での入団であり、言い換えると、今年活躍できなければすぐに戦力外がチラつく年齢です。

それでも社会人での経験をいかした見事なキャンプでの調整、オープン戦自責点0の結果、文句のつけようがありません。

シーズン後にも再び新人賞に選ぶことができるような活躍を期待しています。

 

■ベテラン・中堅選手賞

 石川 駿 選手

最初ベテラン選手賞にしようかと思いましたが、1軍にいる選手でベテランと呼べる選手って意外と少ないですね。今更大島のことを書いてもなぁと思い、中堅も含めた上で、1軍キャンプを恐らく初めて完走した石川選手を選出しました。

昨年ウエスタンリーグ首位打者を獲得するも、似たタイプの阿部選手が1軍で活躍したこともあり、1軍での出場機会がほぼありませんでした。

一方で昨年のドラゴンズは代打陣が手薄であり、井領やアルモンテが怪我をした終盤は、守備の選手という前触れで移籍してきた武田が代打1番手としてでてきたりしました。

当然首脳陣も代打の強化という課題は認識しているはずで、その筆頭候補として石川選手が1軍に呼ばれているのは必然です。

昨年まではあまり石川選手をしっかり見たことがなかったのですが、今年まず目が行ったのが一塁手としての守備力の高さです。2軍では、当初守っていたセカンドを守らなくなっていたので、勝手に守備力が劣化してきている選手かと思っていました。

これは非常に大きなアピールで、代打としての役割だけでなくビシエドの守備固めとしても出場機会を増やせることになります。

そしてセールスポイントのバッティングですが、得意なヒットの形が分かってきました。それは、詰まったあたり、若しくはバットの芯を外されたあたりを、しぶとく外野の前に落とすという形です。いわゆるクリーンヒットではなく見た目が良くないので、なんとなく印象の面で損をしてる感じがしますが、同じようなヒットを練習試合からオープン戦で数本放っていました。

ややヘッドが遠回りするレベルスイングで、バットの面が長くボールのラインに乗っているのが理由でしょう。「バットのどこかに当たる打法」です。スイングは強く振り切っているので、芯に当たらなくとも内野の頭は越していきます。但し、当然長打にはならないのでパワーはあると思いますがアベレージタイプです。

積極的に初球から振っていく一方、選球眼、特に落ちる変化球への対応に難を感じます。この辺りが今後の課題でしょうか。

今回選出はしましたが、1軍ではまだまだ未知数の選手です。地道に結果を残して代打・守備固めとしての地位を築いてもらいたい。

アナウンサー:「あのサヨナラの場面、センター前に打球がポトリと落ちたとき、どのような気持ちで走ってましたか?」

石川選手:「なんとか落ちてくれと祈りながら、走っていました。しぶといヒットが僕の持ち味です!

シーズン中にこんなヒーローインタビュー聞けることを期待してます。

1軍を目指す怪我明けの右腕が2人

2020/3/26 対オリックス 2軍練習試合
1軍の試合がしばらくないので、2軍戦を観戦。結果は、0-1でドラゴンズの敗戦でしたが、今シーズン1軍で活躍できそうな選手をピックアップしてみます。

 

 勝野 昌慶 投手

昨年素晴らしい投球で初勝利を飾った後、怪我もあり2軍での調整が続く勝野投手。

今日はオリックス相手に5回無失点のピッチング。序盤はほぼストレート1本で相手を力でねじ伏せ、中盤にかけスライダー・フォークボールのコンビネーションで打ち取っていました。

昨年の1軍でのピッチングも、何が良くて抑えられているのか分かりづらい投手で、球が動くとかボールが重いとか言われていました。

印象はあまり変わらず、今日も特別何が良かったというのはありませんが、ストレートは常時144〜148キロを記録し、怪我の影響は感じませんでした。

コントロールもストライクゾーンの四隅に投げ分けるほど良いわけではなく、適度に荒れるがフォアボールは出さないという感じ。

このまま順調に行けばシーズン途中にでも1軍の先発機会に恵まれそうです。

投球フォームで気になるのはテイクバックで右肩が落ちる点です。中日だと阿知羅や石川翔もそうですが、球の勢いはつくもののコントロールが乱れやすい投げ方です。両肩が地面と平行になることを意識してもらいたいです。

 

 佐藤 優 投手

こちらも怪我明けの投手ですが、怪我明けとは思えないキレのある球を投げていました。元々球の質は良いものがある佐藤投手。コントロールさえ安定すれば1軍の中継ぎ陣に割って入れる実力者です。

調子が落ちた際に打ち込まれることもあるかと思いますが、焦らず調整を重ねシーズン中盤以降の救世主として期待したい。

 

その他の選手、特に野手は1軍で活躍できそうな選手が今日の試合ではいませんでした。更なる成長に期待です。

優勝するための守護神がいない

2020/3/25 対読売ジャイアンツ 練習試合
ナゴヤドームでの対巨人第2戦目。結果は、1-2でドラゴンズの敗戦。

テンション低めに、本日の中日ドラゴンズアカデミー賞を選出します。

 

■主演選手賞

 該当なし

受賞に値する選手はいなかったですね。

 

■助演選手賞

 岡野 祐一郎 投手

巨人の先発戸郷選手が圧巻のピッチングを見せました。腕の使い方や変化球の動き方がドラゴンズの田島投手に似ています。数年前までの田島投手のような素晴らしいピッチング。

対する岡野投手ですが、数試合見てようやく特徴が掴めてきました。まずはストレートで押していくピッチャーであるということ。これは社会人時代を知っている勝野投手が話していた通りです。

次に変化球ですが、フォークはストライクボールの出し入れができており自信がありそうです。スライダー系のボールはコントロールに不安があるのか多投はしません。緩いカーブは初球に使うことが多くカウントが稼げる球、インコースへのシュート系の球はファウルを打たせてカウントを整える球です。

前評判の高かったコントロールですが、確かにキャッチーの構えたコースにいく割合が多い。ですが逆球も5球に1球くらいあるので、すごくコントロールが良いピッチャーという感じはしません。しかし、その逆球がストライクゾーンから大きく外れるので、真中に集まって痛打されるケースが少ない。ここが岡野投手の良いところなのかなという印象を持ちました。

また今日は、加藤捕手のアドバイスにマウンドから大きく「はい!」と答えていたり、「ストライクゾーンを広く広く」という捕手がよく行うジェスチャーをマウンド上で岡野投手が繰り返していたりと、新人らしい率直な姿勢を垣間見ることができました。

 

■助演選手賞

 福田 永将 選手

先制点を取られた直後の同点HR。流れを引き戻す見事な一発でした。

 

ゴールデンラズベリー賞

 岡田 俊哉 投手

守護神が勝ち越しを許したら試合に負けます。岡田に代わる守護神がシーズン中に出てこないと、中日の優勝は厳しいでしょう。今の岡田がシーズン通して活躍し30セーブをあげることは想像ができない。

だからって他に誰がいるんだ?相手を圧倒できるボールの持主は数少ない。その中から誰を配置するか。首脳陣には思い切った抜擢を期待したい。

負けた試合は難しい

2020/3/24 対読売ジャイアンツ 練習試合

ナゴヤドームでの対巨人第1戦目。結果は、1-5でドラゴンズの負け。本ブログ開始後初めての敗戦であり、負けた場合にどうゆう方向で進めていくか迷い中。

とりあえず、本日の中日ドラゴンズアカデミー賞を選出します。

 

■主演選手賞

 該当なし

受賞に値する選手はいなかったですね。見どころの少ない試合でした。

 

■助演選手賞

 平田 良介 選手

中日に流れがあったのは、平田のタイムリーから逆転される5回まででした。と言ってもそこまで大きな流れではなかったですが、先制タイムリーの平田を選出します。

 

ゴールデンラズベリー賞

 吉見 一起 投手

相手にビッグイニングを作られ試合の流れを持っていかれました。吉見に限らず調子が良い日に自分のピッチングに酔うと打たれます。大野もそう、柳もそう。調子が良い時ほど単調なリズムで投げないのは大切です。今日は5回の吉川選手へのピッチングで嫌な感じがしました。外の真っ直ぐ、確実にボールだから。

 

愚痴になるので、負けた日は短めに。を意識していきます。

野手の熾烈な開幕一軍争い

2020/3/22 対広島カープ 練習試合

MAZDAスタジアムでの対広島カープ第3戦目。結果は、8-9でドラゴンズの勝利。MAZDAで3連勝という素晴らしい結果でしたが、終盤は流れがグチャグチャの両チーム乱打戦となり、見てて疲れる試合でした。

では、本日の中日ドラゴンズアカデミー賞を選出します。

 

■主演選手賞

 ゴンサレス 投手

根尾と三好。両チーム2塁手の拙い守備がゲームの流れを破壊したこの試合。7回裏の広島の攻撃から2点5点3点2点と4連続で複数得点が記録され、バットに当たればヒットになるという両チームの投手にとっては恐ろしいゲーム展開。逆転した9回の裏に登板したのは新外国人のゴンサレス。流れそのままに打ち取ったあたりがヒットになるなど、いきなり無死満塁。しかしここからイライラせずに、3ボールから押し出しも出さず、耐えて無失点でゲームを締めくくりました。

他の投手陣が不甲斐ない中で、一人評価を高めて見事に主演選手賞に選出です。

 

■助演選手賞

 渡辺 勝 選手

3安打猛打賞の活躍を見せた勝君を選出。特に素晴らしいのは7回表のスリーベースヒット。試合の流れとしては、6回表に阿部の同点HR、その裏、抑えねばならぬ回に小笠原が失点、7回表に追いつかなければ8回9回は本来セットアッパー・クローザーが登板し、点を取るのは非常に難しい展開。

結果的にこの渡辺のスリーベースは得点につながらなかったが、簡単に2死を取られた後、前の打者である京田が空振り三振をしたアウトローへの落ちる球を左中間へ。非常に良い打席でした。8回のタイムリー2塁打も見事です。

 

■助演選手賞

 武田 健吾 選手

8回表に値千金の同点タイムリー2塁打。途中出場からの初打席で見事に期待に応えました。シーズン中もこのような場面での代打出場が予想される中、首脳陣へのアピールに成功しました。

無死一塁二塁から二人が凡退するという嫌な流れの中、緩いカーブに上手く合わせて打ちました。

 

溝脇の怪我で控え野手陣が手薄になったドラゴンズ。昨年の開幕一軍控え野手は捕手を除き6人。今年は打のアルモンテ・井療・石川、守の堂上・武田、走の溝脇を予想していましたが、溝脇の離脱により走力のある渡辺には大きなチャンスが回ってきました。

現状、ドラゴンズには代走の切り札と呼べる野手がいません。昨年は主に亀澤と遠藤が努めていましたが、相手にはそれほどプレッシャーにならなかったでしょう。渡辺はどうなのか?開幕一軍に最も近づくであろう走のアピール、今後の練習試合で期待したい。