中日ドラゴンズ アカデミー賞

中日ドラゴンズ アカデミー賞

中日ドラゴンズを応援しています。主に試合で感じたことをアカデミー賞風に綴っています。

トレード2連発

 

衝撃的なトレード2連発で全体像が見えづらくなっているが、ドラゴンズは補強ポイントの選手獲得を続けている。改めて、補強ポイントは以下の4点。

①先発投手

②中継ぎ左腕

③動ける二遊間

④長距離砲

 

この4点を、ドラフト・外国人・トレードで埋めるのが、立浪ドラゴンズのオフシーズンの任務だ。

 

まずはシーズン中、恐らく京田選手のトレードに動いていたのだろう。出た結論は立浪監督のセリフから分かる。「どこの球団もトレードしようとしても二塁手、遊撃手は出してくれない」。

 

外国人の二遊間は考えづらいことから、ドラフトの戦略が確定した。

「二遊間中心の指名」

全体的なドラフト不作年であった今年だが、唯一候補が多かった即戦力二遊間を、まとめて獲得した。

 

逆に、ドラフトでの即戦力投手が1位の仲地投手のみとなり、先発投手・中継ぎ左腕の補強が外国人またはトレードに絞られた。

ドラゴンズには、既に中継ぎのロドリゲス・マルティネスがいるため、中継ぎ左腕は自動的にトレードでの補強となる。

 

そのため、京田-砂田のトレードは想像に難くなかった。筆者は石田投手とのトレードを予想していたが‥

 

そして、長距離砲は当たり前だが外国人となる。立浪監督が直接ドミニカウインターリーグを視察。

ドラフト・トレードと三位一体となる新外国人補強のニュースは、近々飛び込んでくるだろう。

 

問題は先発投手である。今年のドラゴンズが失速した原因は、野投手と石川昂弥選手の故障離脱であった。

野投手の抜けた先発5-6枚目は、シーズン終盤に上田投手が頑張りを見せるまで、チームの目に見えた弱点となった。

 

来シーズンを見据えても、高橋・小笠原・柳・大野に次ぐ先発5-6枚目の確保は大きな課題。7-8枚目に松葉・藤嶋が控える布陣にはしておきたい(来シーズンは藤嶋投手が先発へ、勝野投手が中継ぎへと配置転換されると予想している)。

 

そのうち1枚は外国人補強とみる。そもそも先発の外国人を補強しないと、外国人枠が1つもったいない。

そしてもう1枚が、涌井投手である。

 

しかし、阿部-涌井のトレードは驚いた。

 

確かに、来シーズンの布陣を考えた時に、阿部選手は浮いていた。

動ける二遊間を作ろうとする立浪監督の中で、阿部・高橋周平はともに三塁手の位置付けとなっており、本命の石川昂弥がいることを考えると、どちらかは余剰戦略となってしまう。

 

余剰とはいえ長いシーズンを考えるれば、“いる”に越したことはないが、先発ローテ1枚との交換となれば、話は別かもしれない。

また、使い勝手の良い阿部選手を切ることで、立浪監督は自分への甘さを排除したようにも映る。

 

今シーズン学んだこととして立浪監督は「我慢すること」を挙げた。筆者からすれば充分若手を我慢して起用したシーズンだと感じたが、指揮官はまだ「我慢が足りない」と感じていたようだ。

 

我慢を遮る要因。それこそが阿部選手の存在であり、立浪監督の理想とする「強固なセンターラインを持つチーム」の構築を遅らせる原因なのであろう(阿部選手が悪いわけではなく、隙あればセカンドでも使いたくなる。それだけ頼りになる存在という意味である)。

 

 

兎にも角にも、やや強引に補強ポイントの選手獲得を進めるドラゴンズ。成功するか否かは分からないが、劇的に変えなければ来シーズンもBクラス。最下位のチームが変化を恐れる理由は全くないだろう。

 

 

トレード予想

 

ドラフト会議で二遊間の選手を大量指名したドラゴンズ。そこで気になるのが京田選手の処遇だ。

 

最近のチーム内での扱いからは、来シーズンの戦力として考えられているとは思えず、本人のためチームのためにも、トレードの可能性はあるだろう。

 

そこで今回は、京田選手のトレード相手を考えてみたいと思う。

 

 

ショートを探しているチーム。

パ・リーグでは、まずロッテが思い浮かぶが、ドラフトで即戦力・友杉選手を指名したため可能性はやや低下しただろう。

 

京田選手が青森山田高校出身ということもあり、同じ東北の楽天も考えられる。

楽天もショートを固定できていない印象だが、京田選手と同じ左打ち俊足タイプが多いチームなだけに、あまり現実的ではなさそうだ。

 

むしろセ・リーグのが可能性が高いかもしれない。

DeNAは、ベテランの大和選手などを起用しつつ、期待の若手・森選手の成長を待っているが、まだ時間はかかりそう。他のポジションに打てる野手が揃っているだけに、京田選手が一番フィットするチームかもしれない。

 

ジャイアンツの可能性もある。

近年は坂本選手の故障が目立つため、頑丈なショートを必要としているだろう。目立った若手の成長もないため、京田選手を求める可能性はある。

 

 

トレード相手として可能性の高いチームと予想するDeNAジャイアンツ。

逆にドラゴンズの求める選手は誰なのか。

 

DeNAでは、石田健大投手を予想したい。

先発も中継ぎもできる貴重な左腕だ。故障が多い印象で稼働期間が少ない分、DeNAでも絶対的な主力選手とは言い難い。

京田選手とのトレードバランスも良さそうに見える。

 

ジャイアンツでは、大江竜聖投手を予想したい。

こちらもドラゴンズに不足する中継ぎ左腕。中継ぎ投手に課題が多いジャイアンツが放出する可能性は低いと思うが、昨シーズン登板機会が少なかったことを考えると、チーム内の信頼感がやや低い印象。

同タイプの高梨投手がいることも影響しているだろう。

 

 

■トレード予想

京田陽太(ドラゴンズ)⇄石田健大(DeNA

京田陽太(ドラゴンズ)⇄大江竜聖(ジャイアンツ)

 

立浪監督は明言している。

「できないのならメンバーを替えていくしかない」

あっと驚くトレードはあるだろう。

 

(改)2022ドラフト全順位指名予想

 

改訂版ドラフト1位予想を行なってから、しばらく時間が経ってしまった。

 

その理由は、筆者がドラフト1位予想とした吉村投手(東芝)に続いて、2位予想にしようとしていたイヒネ選手(誉)がソフトバンクの1位指名として公言されたことだ。

 

続けざまに、次の2位候補とみていた斉藤投手(苫小牧中央)がカープの1位指名として公言され、予想が難しくなっていた。

 

今一度、立浪監督の発言や若狭アナの情報などを整理し、非常に予想が難しくなっている今ドラフトの予想を、全順位行っていきたい。

 

 

まず1位予想だが、ここは吉村投手(東芝)で変更無し。小孫投手(鷺宮製作所の名前が1位指名候補として新たに挙がったため、ドラゴンズが選手の年齢で指名を回避する可能性は低そう。

吉村投手に初回入札、外れた場合に小孫投手という可能性が高いとみた。

 

ドラフト1位:吉村貢司郎(東芝・投手)

 

 

続いて2位指名。

頻繁に名前の挙がる友杉選手(天理大・内野手は、ドラゴンズの3位に残る可能性は低い。獲得するなら2位指名が必須だ。

 

恐らく、指名順が回ってきた段階で、1位有力とみられる選手が何人か残っているだろう。荘司投手(立教大)や菊地投手(専修大)・松尾選手(大阪桐蔭高)・内藤選手(日本航空石川などが指名可能なケースも十分に想定できる。

 

しかしその場合でも、ドラゴンズは友杉選手を指名するはずだ。

 

ドラフト2位:友杉篤輝(天理大・内野手

 

 

続いて3位指名。

フェニックスリーグで岡林選手がセカンドに挑戦していないことを踏まえると、1人打力のあるセカンドを指名したい。

 

山田健太選手(立教大)・村松選手(明治大)・林選手(駒澤大)・齊藤選手(法政大)・平良選手(NTT西日本)・福永選手(日本新薬など候補は多い。

 

立浪監督は、セカンドには明確に守備力を求めており、山田健太選手や平良選手は候補から外れるだろう。

個人的には、下位で福永選手(日本新薬)を指名するのが面白いと思うが‥

 

ここは、立浪監督が直々に視察し、ポジティブなコメントも残した伝統・明治大学の主将を予想する。

 

ドラフト3位:村松開人(明治大・内野手

 

 

来年の二遊間は、土田・友杉・村松・石垣の4選手で高いレベルのレギュラー争いをしてもらいたい。

高橋周平・阿部はサード、溝脇・三ツ俣は貴重なバックアッパーのイメージだ。

 

 

続いて4〜6位指名。

ドラゴンズに限らず、最近は高卒投手の早期からの活躍が目立つ。ドラゴンズでは、高橋宏斗は別格のこと、上田・福島・松木平も順調に成長している。

 

ただでさえ不作の今ドラフト。中途半端な社会人・大卒投手を指名よりは、高卒投手を指名することで下からの底上げを図りたい。

 

補強ポイントの中継ぎ左腕についても、2年前に指名漏れしている長谷部投手(トヨタ)・高野投手(日通)の名前が挙がっているが、同じく2年前に2位指名された左腕3投手(ドラゴンズ橋本投手・ライオンズ浜屋投手・DeNA坂本投手)の現状を見ると、指名に積極的な気持ちにはなれない。

 

下から戦力を押し上げ、育成の福島投手を中継ぎで起用したほうが戦力になるのではないか、とも思える。

 

従って、4〜6位は高卒投手を予想。

候補は、左腕として、門別投手(東札幌)・坂本投手(知内)・森山投手(阿南光)。右腕として、齊藤投手(盛岡中央)・日高投手(富島)・安西投手(常葉菊川)・茨木投手(帝京長岡

 

さらに、地元枠の可能性が高い5位指名には、野手としての評価が目立つが愛工大名電の山田選手を投手として推したい。

 

ドラフト4位:日高暖己(富島・投手)

ドラフト5位:山田空暉(愛工大名電・投手)

ドラフト6位:森山暁生(阿南光・投手)

 

 

最後に7位指名。

ここは、以前と変えずに小田コーチの愛弟子を予想する。

 

ドラフト7位:拾尾昌哉(三菱重工West・捕手)

 

 

結果として、投手4人(左腕1人・右腕3人)、内野手2人(右打1人・左打1人)、捕手1人。

高卒3人、大卒2人・社会人2人(高卒社会人1人)。

バランスは悪くない。

 

育成指名にも参加し、少なくとも投手をあと2名指名したい。

 

高卒野手がいない分、将来に向けたワクワク感やインパクトには欠けるかもしれないが仕方がない。

立浪監督のコメントからは、即戦力野手の必要性が滲み出ている。

 

 

さて、ドラフト会議当日はもうすぐ。

今年は公言しない分、1位指名からドキドキに包まれそうだ。

 

【最終予想】

ドラフト1位:吉村貢司郎(東芝・投手)

ドラフト2位:友杉篤輝(天理大・内野手

ドラフト3位:村松開人(明治大・内野手

ドラフト4位:日高暖己(富島・投手)

ドラフト5位:山田空暉(愛工大名電・投手)

ドラフト6位:森山暁生(阿南光・投手)

ドラフト7位:拾尾昌哉(三菱重工West・捕手)

 

 

(改)2022ドラフト1位指名予想

 

2022年ドラフト会議が近くなるに連れ、ドラゴンズの指名予想が活発になってきた。

中日新聞には、具体的な1位指名候補として、森下(中央大・外野手)・吉村(東芝・投手)・曽谷(白鵬大・投手)・斉藤(苫小牧中央・投手)・イヒネ(誉・内野手の5選手の名前が掲載された。

 

筆者は、この情報からドラゴンズの狙いを読み解き、当初予想した以下の指名予想を、改訂していきたいと思う。

 

【当初の予想】

ドラフト1位:内藤鵬(日本航空石川高・内野手

ドラフト2位:田中幹也(亜細亜大・内野手

ドラフト3位:斎藤響介(盛岡中央・投手)

ドラフト4位:森山暁生(阿南光・投手)

ドラフト5位:拾尾昌哉(三菱重工West・捕手)

ドラフト6位:立石健(福井工業大

 

 

さて、立浪監督の発言を含め、最近感じるドラゴンズの意向は以下の点だ。

・即戦力のニーズが強まる

・二遊間の優先度が下がる

 

こうなると、中日新聞に名前のあがらなかった内藤選手や、2位予想していた二遊間の田中選手の指名予想は変更せざるを得ない。

 

まずドラフト1位だが、5選手の中で即戦力となるのは、高卒を除いた3選手。昨年と同じ右打ちの外野手・森下選手の指名は考えづらいことから、吉村投手と曽谷投手の即戦力先発投手2名に絞られたと考えるのが妥当だ。

 

筆者は、曽谷投手の投球フォームがあまり好きではないので(コントロールの安定性に欠ける)、ここは吉村投手を1位指名と予想したい。

 

ドラフト1位:吉村貢司郎(東芝・投手)

 

社会人3年目なだけに、年齢はネックとなるが、能力は間違い無いだろう。仮に先発で通用しない場合は、中継ぎ・抑えの適性がありそうな点も評価ができる。

 

今年は即戦力投手(1年目から活躍できるという意味)が非常に少ない。筆者の見立てからすると、即戦力先発投手は吉村投手のみ。中継ぎであれば即戦力となる可能性があるのは、矢澤投手(日体大)・菊池投手(専修大)・益田投手(東京ガス)の3投手。

 

つまり、1位で吉村投手を指名することが、唯一即戦力先発投手を確保する道である。

 

 

さて、次回は2位指名を予想していきたい。

 

2022ドラフト6位指名予想

 

今回は、ドラゴンズのドラフト6位指名を予想する。1位から5位指名については以下の通り。詳細は過去の記事をご確認いただきたい。

 

ドラフト1位:内藤鵬(日本航空石川高・内野手

ドラフト2位:田中幹也(亜細亜大・内野手

ドラフト3位:斎藤響介(盛岡中央・投手)

ドラフト4位:森山暁生(阿南光・投手)

ドラフト5位:拾尾昌哉(三菱重工West・捕手)

 

 

さて、ここまで野手3名・投手2名の指名を行ったため、ドラフト6位は投手指名を予想したい。

 

チーム方針により、いくつか選択肢が考えられるが、ここまで即戦力投手の指名がない。

 

稀に成功するパターンとして、ドラゴンズ祖父江投手のように、社会人卒の下位指名(祖父江投手はドラフト5位入団)がある。

とすれば、こういった指名も考えられる。

 

ドラフト6位:小孫竜二(鷺宮製作所

 

ドラフト解禁年の昨年は指名漏れとなったが、1年の間に制球力が改善傾向にあり、リリーフとして即戦力となる可能性はある。

 

 

一方で、6位でさらに高卒指名を行う選択肢もある。

ただこの場合、高卒投手は育成指名も可能なだけに、今年については6位指名を行わなくても良いかも知れない。

支配下でしかプロ入りを是としない選手もいるため、その辺りは予想が難しいが‥

 

 

もし指名する場合は、この投手を予想したい。

 

ドラフト6位:茨木秀俊(帝京長岡高)

 

惚れ惚れするような投球フォームと体格の良さから、高い将来性を感じる好投手。もう少し上位で指名される可能性もあるだろう。

 

 

しかし、筆者の予想の本命は、この2人の他にいる。

 

最近めっきり話題にあがらなくなり、怪我でもしているのかと心配していたが、先日販売された『野球太朗』にその名前があり、安心した。

 

 

今年の大学生の中では、一人だけ輝いて見える。

 

ドラフト6位:立石健(福井工業大

 

140キロ中盤のストレート、安定のコントロール、止まって見えるチェンジアップ、伸びしろを秘めた体格。プロで活躍できる土台が揃っている。

プロ志望届を提出するのか分からないが‥

 

 

さて、これでドラフト6位までの予想が整った。

 

ドラフト1位:内藤鵬(日本航空石川高・内野手

ドラフト2位:田中幹也(亜細亜大・内野手

ドラフト3位:斎藤響介(盛岡中央・投手)

ドラフト4位:森山暁生(阿南光・投手)

ドラフト5位:拾尾昌哉(三菱重工West・捕手)

ドラフト6位:立石健(福井工業大・投手)

 

 

ここからドラフトまでの1ヶ月弱。ドラゴンズ指名予想の情報も聞こえてくるだろう。

最終的な指名予想は、またドラフト直前に更新したいと思う。

 

2022ドラフト5位指名予想

 

今回は、ドラゴンズのドラフト5位指名を予想する。1位から4位指名については以下の通り。詳細は過去の記事をご確認いただきたい。

 

ドラフト1位:内藤鵬(日本航空石川高・内野手

ドラフト2位:田中幹也(亜細亜大・内野手

ドラフト3位:斎藤響介(盛岡中央・投手)

ドラフト4位:森山暁生(阿南光・投手)

 

ドラゴンズの5位指名は、2016年の藤嶋から伊藤・垣越・岡林・加藤・星野と地元に所縁のある選手の指名が続いている。

下位指名に関わらず主力に成長する選手も多く、現役では大島・祖父江などを輩出するドラゴンズの出世順位だ。

 

さて、今年のドラフトでドラゴンズが指名すべきポジションの1つに捕手がある。今シーズンは、打力を買われたアリエル・山下・郡司が外野に挑戦。逆にいえば捕手としての評価は低い。

 

大野・桂は、レギュラーの木下を脅かせる存在には程遠く、いつ戦力外になってもおかしくない。

味谷はまだ高卒1年目であり、1軍の戦力という意味では実質木下・石橋の2名

絶対数にしても、5名(最近2軍で捕手を守る郡司をいれても6名)は少ない。

 

とはいえ、正捕手・木下への信頼感は高く、ドラフト上位で指名する必要性は感じないため、下位指名もしくは育成での指名を考えたい。

 

今年は高校生に有望な捕手が多いのだが、昨年高卒の味谷を指名しているだけに、どちらかといえば大社卒で石橋に近い年齢、しかもコンバートの必要がないしっかりとした守備力を持つ捕手が必要だ。

 

自然と候補は絞られてくる。

 

 

ドラフト5位:拾尾昌哉(三菱重工West・捕手)

 

高卒社会人ながら、社会人の強豪でレギュラーを掴む拾尾選手を予想。再編前は、三菱重工名古屋の所属であり、地元に所縁のある選手だ。

 

年齢では石橋の1つ下にあたる。石橋の成長を促し、かつ成長に蓋をしないという点でもバランスの良い指名だと感じる。

 

また、昨年まで三菱重工Westのコーチをしていたのが、現2軍の小田バッテリーコーチ。よく知る愛弟子の指名を行う可能性は十分にある。

 

 

さて、次回は最後となる6位指名。

ここまで野手3名・投手2名の指名を予想しており、最後の6位指名は投手予想となるだろう。

 

2022ドラフト4位指名予想

 

今回は、ドラゴンズのドラフト4位指名を予想する。1位から3位指名については以下の通り。詳細は過去の記事をご確認いただきたい。

 

ドラフト1位:内藤鵬(日本航空石川高・内野手

ドラフト2位:田中幹也(亜細亜大・内野手

ドラフト3位:斎藤響介(盛岡中央・投手)

 

ここまで、1位・2位では野手を優先的に指名し、3位・4位では目ぼしい候補が少ない即戦力投手を諦め高卒投手の指名を行うと予想し、考察を進めている。

 

3位でポテンシャル型の高卒・斎藤響介投手を予想したため、4位は堅実型の高卒投手を予想していきたい。

 

突出した出力の高さはないがコントロールの安定感がありそうな好投手。筆者が評価しているのは、門別投手(東海大札幌)・坂本投手(知内)・冨田投手(鳴門高)・森山投手(阿南光)の左腕4投手だ。

 

その中でも、川上憲伸氏一押しの投手を4位として予想したい。

 

ドラフト4位:森山暁生(阿南光・投手)

 

投球フォームに癖がなく、身体の成長に伴い順調に育っていく可能性を感じる。顔つきも良い。

 

とはいえ、他の3投手も甲乙付け難いだけに、あとは好みの問題かとも思う。

また、右腕ではサイドの安西投手(常葉大菊川)もコントロールの安定した好投手で、戸郷投手のような即戦力性も感じるだけに、指名があるかもしれない。

 

次回はドラゴンズの出世枠、ドラフト5位指名の予想を行う。