中日ドラゴンズ アカデミー賞

中日ドラゴンズ アカデミー賞

中日ドラゴンズを応援しています。主に試合で感じたことをアカデミー賞風に綴っています。

2022ドラフト3位指名予想


ブログランキングに参加しています。
この記事を読んで「参考になったよ!」という人は応援クリックをお願いします。
↓ ↓ ↓ 
にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ
にほんブログ村

 

今回は、ドラゴンズのドラフト3位指名を予想する。1位・2位指名については以下の通り。詳細は過去の記事をご確認いただきたい。

 

ドラフト1位:内藤鵬(日本航空石川高・内野手

ドラフト2位:田中幹也(亜細亜大・内野手

 

今年のドラフトのポイントは、いかに開き直って「上位で野手」を指名できるかであるが、流石に上位3人の野手指名は想定されない。

 

従って、3位では投手の指名を予想するが、3位であっても候補が多くは見当たらない。特に、ドラゴンズの補強ポイントという点で、大学卒・社会人卒の即戦力(特に中継ぎ左腕)を指名したいが、魅力ある投手がいない・・・。

 

悩ましいところだが、中途半端な指名を行うよりは、高卒投手に切り替える方が賢明だろう。

結果からいうと、4位指名も同じ状況であり、3位4位では連続して高卒投手の指名を予想したい。

(高卒投手も魅力ある投手は少ないが・・・)

 

2人指名する前提でいえば、1人はポテンシャル型、もう1人は堅実型の投手を指名したい。2020年ドラフトでいえば、4位福島投手(堅実型)・5位加藤投手(ポテンシャル型)のようなバランスの取り方だ。

 

まずは3位指名。

荒さもあり身体の細さも気になるが、運動能力というポテンシャルの点では随一に見える。

 

ドラフト3位:斎藤響介(盛岡中央・投手)

 

まだまだ改善の余地はあるものの高橋宏斗に似た投球フォームから投じる、常時140キロ中盤を記録するストレートには魅力がある。

やや不安定なコントロールと、それほど高くない身長という点で伸びしろに不安はあるものの、今年の候補の中では一際ポテンシャルを感じる投手だ。

 

恐らく、高卒右腕では斉藤優汰投手(苫小牧中央)に次ぐ評価であり、ドラゴンズ3位指名まで残っているかどうかが気がかりな点だ(例年であれば、もう少し好投手が多く確実に残っていそうなのだが)。

 

 

さて、次回は4位指名。堅実型の高卒投手を予想してみることにしたい。