中日ドラゴンズ アカデミー賞

中日ドラゴンズ アカデミー賞

中日ドラゴンズを応援しています。主に試合で感じたことをアカデミー賞風に綴っています。

1シーズン「こんな週もある」


ブログランキングに参加しています。
この記事を読んで「参考になったよ!」という人は応援クリックをお願いします。
↓ ↓ ↓ 
にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ
にほんブログ村

 

先週のドラゴンズは1勝5敗と大きく負け越した。

 

ジャイアンツ線の貧打爆発から始まり、カープ戦最後は自慢の中継ぎ・祖父江投手が打たれるという悲惨な内容での負け越し。

だが、1シーズン戦う上でどのチームにも1勝5敗の週はあるはずだ。ここは「こんな週もある」と切り換えて前を向いていくしかない。

 

さて、アリエル選手が怪我で登録抹消となり、代わりにビシエド選手が昇格してくるであろう今週。対戦カードは全てビジターベイスターズ・スワローズ戦だ。

 

分かりやすく言えば先々週のリターンマッチ。特にホームで1勝2敗と負け越してしまったベイスターズには、意地でやり返してもらいたい。

 

ポイントは初戦の野投だろう。

チーム状態を上向けるために、まず必要なのは週頭をエースで勝つこと。未だ勝ち星なしのエースは、今シーズン初白星を掴むことができるか。

野投自身も、先々週打ち込まれたベイスターズが相手だけに期するものがあるだろう。力で捻じ伏せる投球を期待したい。

 

その他の先発陣だが、登録抹消がなかっただけに、先週同様の6人が予想される。

とすれば、野投松葉投手はラストチャンスの位置付けとみて良さそうだ。

 

 

野手陣では、2番京田・3番福留・6番三ツ俣が機能し始めているだけに、このスタメンを維持していくのか注目が集まる。

特に福留選手は毎試合スタメンとは考えづらく、外れた際に誰が3番を務めるのかが課題だ。

 

逆に、出場機会の減った平田・阿部・福田の起用法も大切になってくる。特に、阿部選手シーズンに欠かせない戦力であることは間違いない。

どのようにコンディションを上げてくるか興味深い。

 

 

2軍では、金曜日からの3連戦でついに石川昂弥選手が怪我から復帰しそうだ。堂上選手が4番を務めるなどやや火力不足であった打線に、軸となり得る存在が帰ってくる。

同じく離脱中の石垣選手の状態も気になるが、まずは石川選手2年目のスタートに期待したい。