中日ドラゴンズ アカデミー賞

中日ドラゴンズ アカデミー賞

中日ドラゴンズを応援しています。主に試合で感じたことをアカデミー賞風に綴っています。

山本拓実の評価や如何に


ブログランキングに参加しています。
この記事を読んで「参考になったよ!」という人は応援クリックをお願いします。
↓ ↓ ↓ 
にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ
にほんブログ村

2020/6/6 対西武ライオンズ 練習試合


メットライフドームでの対ライオンズ第2戦。

結果は7-5でドラゴンズの勝利。

 

ところで、祖父江投手の登板が何故か多いですが、今更力量を試す投手でもないので、練習試合でも便利屋として起用されている感じがします。

それとも連投テストでしょうか。

そこも祖父江投手の良いところですね。

 

京田選手から堂上選手への交代タイミングが不自然でしたが、アクシデントでなければ良いですが。

 

では、本日の中日ドラゴンズアカデミー賞を発表します。

 

 

■主演選手賞

 大島 洋平 選手

 

決勝点となる6点目のタイムリーヒットを6回に放った大島選手を選出。

 

3点差を同点に追いつかれ4対4の嫌なムードの中、6回表にシエラ選手のホームランで勝ち越したドラゴンズ。

 

しかし、ライオンズ山賊打線を相手に1点差など無いようなもの

 

そんな中、チャンスでしぶとくライト前へ運ぶタイムリー。結果2点差となったことで、直後の6回裏にソロホームランを打たれるも、なんとか逃げ切ることに成功した。

 

その他にも先制のホームを踏むなど猛打賞の活躍

チームの勝利に大きく貢献した。

 

 

■助演選手賞

 木下 拓哉 選手

 

久々のスタメンマスクで、こちらも猛打賞の活躍。

特に6回と8回は貴重なチーム6点目・7点目のホームを踏むなど、重要な場面でのヒットによる出塁が続いた。

 

最近は抑え捕手としての途中出場が続いていただけに、大きなアピールになったのではないか。

 

課題は打撃の継続性である。

確かな実力に裏付けされた打撃であることを、残りの練習試合でも示してもらいたい。

 

 

■助演選手賞

 又吉 克樹 投手

 

スワローズ戦に続き、2試合連続で相手の流れを断ち切る好リリーフを見せてくれた。

 

4回に先発山本投手が4点を失い、5回の表を終わり4対4の同点。

 

流れはライオンズに傾く中、5回裏から2番手として登板。1回1/3を完璧に抑え、ドラゴンズの勝ち越し点を呼び込んだ。

 

又吉投手、最近の好投の要因は何かだろうか。

あまり大きな変化は感じないのだが、昨年から比べると投球フォームの左足の使い方が変わったように見える

 

左足を上げて前に踏み出す際、左足の爪先を軸足である右足とクロスさせるようになった。

 

これは昨年最多勝を獲得した山口俊投手が特徴としていた動作だ。

 

いわゆる、ヒップファーストを意識しているのだろうか。

 

この動作が及ぼす影響については定かでないが、又吉投手が何かのきっかけを掴めているのであれば、今後も同じような活躍が見られるはずだ。

 

 

さて、先発した山本投手。

相変わらず無駄なフォアボールがあり、スタミナが切れてくると相手に捉えられる

 

ただ、一つ一つのボールは昨年よりも確実にレベルアップしており、ストレートの球速も増しているしスラッターやカーブなどの変化球のキレも向上している。

 

打たれた選手が、昨日今日と誰も抑えられていないスパンジェンバーグ選手というのも評価が悩ましい。

 

吉見投手・岡野投手との先発ローテーション争いは、もしかしたら一歩後退したかもしれないが、最終試験は来週に持ち越しだろう。

 

次回は先発として期待したいイニング数である6イニングを是非投げてもらいたい。

 

開幕ローテーション投手が5回までしか投げられないとなると、中継ぎ投手陣に負担がかかる。

 

山本投手も2軍では先発完投を少なからずしていた投手である。

来週は開幕ローテとしての資格が問われる一戦になりそうだ。